相続放棄の手続きは行政書士にお任せ【さくっと放棄】

仕事内容を知る

woman and man

国家試験が必要になる行政書士は、弁護士や司法書士になる人同等の資格取得が前提になります。またバッチには深いメッセージが込められており印象深いです。行政書士と司法書士の違いもありますので把握しましょう。

Read More

おすすめ関連リンク集

  • アーク町田総合法律事務所

    町田の弁護士はここで紹介されています。こまった状況を解決できるようにサポートしてくれるので高い信頼が寄せられています。
  • 会社の再生・破産のご相談

    会社清算や会社の再生に協力してくれますよ。経営者の負担を少しでも軽くする努力をしてくれるサービスです。

注意したい事

man

法律の専門家として活躍する行政書士は、国家試験を持つ専門家の一人です。また一部では街の法律家として親しまれており身近に起こる法的問題をきちんと解決する力もあり楽しもしいです。

Read More

免除される税金

woman and man

生活を脅かす存在として知られる税金は、相続に深く関わるものです。しかし税額控除制度がありますので深く悩むことがないでしょう。中でも障害者控除は相続者に障害者がいる時適用されます。

Read More

専門家の仕事

川崎の弁護士に無料相談で悩みを相談してみて、正しい解決をしてみると良いでしょう。見つけ方などもチェックしてみると良いでしょう。

相続税申告は税理士に依頼するのがオススメです。正確な手続きを行なってもらえるので、安心して任せると良いでしょう。

行政書士はかつては代書がメインでした

woman and man

行政書士とは他人の求めに応じて官公庁に提出する書類の作成代行、提出代行などを行う法律の専門家です。 年に一度の国家試験に合格後行政書士となることが出来ますが、他の士業の独占業務を侵すことは出来ません。 例えば弁護士が法廷に立ち訴訟代理人となりますが、この仕事をすることは出来ませんし、社会保険労務士の独占業務である社会保険労働保険に関する書類の作成代行、提出代行を行政書士がすることは出来ません。 他の士業が独占業務として取り扱っていない分野での書類作成を専門でやって来ました。 主には建築関係の許認可申請や風俗関係の営業許可、外国人の入管手続き代行など書類作成、提出代行がメインの仕事として取り組んできました。

街の法律相談をメインに

書類作成の代行や相談をメインで行ってきましたが、法律に関連する相談も引き受けています。 実際には契約書の内容のチェック、相続・遺言関連の書類作成、会社設立の際の書類作成などを行うことも出来ますが、これらの書類作成をするためには依頼者より内容の聞き取りをし、内容を正しく理解し、法律の手続きにのせる必要があります。 書類作成はその結果であってまずは、実際に起きている内容や起こるであろうことをきちんと法律に当てはめて理解することが必要です。 これらを行政書士は今までも書類作成を通して取り組んできており、今後もその重要性は変わることなく、複雑化する権利関係を正しく表現するためにも行政書士の仕事の幅は広がっていくものと考えられます。