相続放棄の手続きは行政書士にお任せ【さくっと放棄】

仕事内容を知る

どのような仕事内容か

woman and man

行政書士は、弁護士や司法書士と同じように国家資格が必要です。行政書士の資格を取るとバッジをもらいます。コスモスの花びらの中に「行」の字がデザインされているもので、調和と真心を表しています。誠意を持って、人々と行政をつないでいく役目があるからです。 仕事内容は、他人からの依頼によって官公署に提出する許認可の申請書類の作成や提出です。また、遺言書などの権利義務、事実証明や契約書の作成も行います。そして、それらの手続きの代理や法務コンサルティングもしているのです。行政書士の仕事は数千種類にも及ぶとされています。消費者庁が創設され、業務範囲も広がっていきます。社会の複雑化に伴い、書類作成に知識が必要になるなかで、身近な法律家として期待されているのです。

行政書士と司法書士の違い

行政書士と司法書士の違いをご存知ですか。名前を聞いたことはあるが、具体的に仕事の違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。法律に関わる仕事という点で共通しており、わかりにくく感じてしまうのかもしれません。大きく違うところは管轄です。行政書士は総務省で、司法書士は法務省になります。管轄が違えば仕事内容も違っており、書類の提出先も行政書士は都道府県や市町村、警察署などの官公署です。司法書士は主に裁判所に提出します。試験の難易度も異なり、どちらかと言えば行政書士の方が合格率が高くなっているのです。 行政書士の仕事の特徴は、取り扱う書類が多く幅広い分野で活躍できることではないでしょうか。また、司法書士に比べて独立開業する人が多いです。